まんだらけが顔写真公開を中止その理由は?

マンガやグッズの中古ショップ「まんだらけ」が2014年8月4日午後5時頃に発生した万引き犯に向け、12日中に返さない場合、防犯カメラの映像を公開すると警告していた件について、土壇場で公開を見送った。

まんだらけの発表によると理由は以下の通り。

  • 法令遵守を基本とした上で、警察の捜査に協力する立場を取る
  • 期限となる時間帯に店の周りにマスコミが集まり犯人が入れる状態でなかった

今回の対応には様々な反応が寄せられているが加害者に対し甘い日本の法律に関しての指摘が多かった。

まんだらけの発表は以下の通り。(原文ママ)

警視庁の要請により顔写真の全面公開は中止させて頂きます

今回は予想外に多くの方たちの応援メールやお電話を頂き感謝しております。
それだけ多くの一般市民の皆様が法制度や司法・警察の現状にやりきれない思いをお持ちだということも事実として多々あるのだと思います。
しかしまんだらけの基本的な方針としては、あくまでも法令遵守を基本とした上で警察の捜査に協力する立場をとらせて頂くことと、 窃盗した商品を本人の良心にもとづきあくまでも自主的に返還してほしかったことを願っておりましたが、 期日である12日 (火) の夜になりますと、報道陣の方々が店舗のあるビルの入り口付近や店舗周りに集まって来られていて、とても犯人が入って来られる状況にはなかったということがありました。

実はその直前に犯人の身内 (女性です) と思わしき方より「8時 (20時) までに返せばいいのだろうか」という内容の電話があり、 期待して待っていたのですが、どうも無理なようでした。
今後は証拠も十分あるので、警察の方々のお力を信じてお任せしてまいります。
重ねて今回応援して下さった多くの方々にお礼を申し上げます。
本当に有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク