満月のスーパームーンとは

2014年最大の満月「スーパームーン」が8月11日午前3時9分に見られる。台風11号の影響で見られる地域が限定されることが予想されるが台風一過となるかもしれない。

地球と月の距離は一定ではなく楕円の軌道であるため、地球から見える月の大きさは一定でない。国立天文台は2014年に月が地球にもっとも近づくのが8月11日2時43分となる。その距離は約35万7,000キロメートル。3時9分には満月となるため、この瞬間に、視直径約33分角のもっとも大きい満月が見られることになる。今年最小の満月(マイクロムーン)は1月16日で視直径は約29分角。

「スーパームーンとは」なんだろうか?月が地球にもっとも近づいたタイミングで満月または新月になった月の姿やその現象のことを言う。もっとも近いときと遠いときとは、約5万キロメートルの距離の差となる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク