転職の時などでの面接時の心構えとは

転職をする場合は新卒の時よりも難しいと言われています。しかし終身雇用制が崩壊した日本では、多くの方が再就職をする機会に見舞われている現状があります。

さて、その中でもっとも重要とも言える面接ですが、面接の際に答えられない事象や自分に不利になる情報の質問になった場合はどのように回避、もしくは対応すればいいのでしょうか?

まず言えるのが、下手にごまかすのは一番よくないということ。

答えられない質問がきた場合、答えられない事実と理由をきちっと説明して、今後の成長を期待させるような答えをするとベスト。

例えば、「XXという用語を知っていますか?」という質問には、「いままで業種が違うので用語は知らなかった。しかし前職でも適応は早かったのですぐに覚えられると思う。」という風に応えれば面接官の印象もずいぶん違うはず。

自分に不利になる情報の質問の場合も同様に、現在はそうだけれど、と一旦認め今後の好転を期待させる回答をするようにします。

このような質問は、逆に面接官は切り返しや機転を利かせられるかを試しているという面もあるので、無理に取り繕わず答えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク