Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

日本人で血液型のRh-型ってどのくらいいる?

ども、ゴン太です。

血液型で、「Rh-」というのを聞いたことがあるでしょうか?「Rh-(D抗原陰性)」とよばれ、D抗原を持たないRh-型の人にRh+型の血液を輸血すると、血液の凝集、溶血等のショックを起こす可能性があります。

この「Rh-」の人はどのくらいいるのでしょうか?

日本人では、全体で見るとRh-の人は約0.5%と言われています。(200人に1人の割合)

しかし、血液型で差があり、A型は0.2%(500人に1人)、B型は0.1%(1000人に1人)、O型は0.15%(666人に1人)、AB型は0.05%(2000人に1人)だと言われています。

輸血の際などにとても重よな情報です。必ず血液検査を受けて自分はどうなのかを知っておく必要があるでしょう。それではまた。