Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

家庭用コンロでパラパラのチャーハン(焼きめし)を作る方法

ども、ゴン太です。

休日に奥さんと交代をして、たまに料理を楽しむことがあるのですが、簡単な調理法だけれども難しい料理があります。そう、「チャーハン(焼きめし)」です。

フライパンでパパ~っと炒めたら終わりなんですけども、べちゃべちゃになってしまったり、焦げてしまったり。家庭で作るチャーハン(焼きめし)ってお店で食べるのとどうしてこうも違うのでしょうか。

どのようにしたら家庭用コンロでチャーハン(焼きめし)をパラパラに美味しく作ることができるのでしょうか?

チャーハン(焼きめし)がパラパラにならない原因は「火力・水分・油分」にあります。

家庭用コンロは火力が弱いですから、できるなら一度に作る量を少なくしましょう。1人~2人分までにすれば少ない量なら水分も飛びやすくなります。

まずは煙が立つくらいまで熱したフライパンに最初に溶き卵をいれ7~8分目くらい固まったところで熱々のご飯を入れます。水蒸気を飛ばすように、ほぐしながらよく混ぜます。

冷えているご飯だとフライパンの温度が下がり時間がかかってしまい卵に火が通りすぎてしまうので、レンジでチンして温めてからフライパンに入れましょう。

水分をいかに飛ばすか。卵をいかに馴染ませるか。がポイントですね。美味しいチャーハン(焼きめし)を作って奥さんやお子さんを喜ばせてあげてくださいね。それではまた。