Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

「元旦」と「元日」って同じもの?

ども、ゴン太です。

1月1日はお正月。そして元旦です。1年のはじまりの大切なおめでたい日です。この日は元日とも言いますよね?それでは、「元旦」と「元日」って同じものなのでしょうか?

「元日」は年の最初の日、1月1日のことをいいます。1948年公布・施行の国民の祝日に関する法律(祝日法)により、「年のはじめを祝う」ことを趣旨とする国民の祝日となりました。

一方、元日の朝のことを、特に「元旦」といいます。ただし、現在では元日そのものを表わす言葉としても用いられています。

つまり、現在では、「元日」も「元旦」も1月1日のことを指しているといってもよいでしょう。

ただ、「元旦の朝」という言葉は誤りになります。現在は元旦そのものが1月1日を指す言葉となっているものの、言葉の意味(「旦」の字は地平線から昇る朝日(日)を表す)自体が失われたわけではないので注意しましょう。

ちなみに、正月とは、年の始めの数日間のことをいいます。本来は1月の別名が「正月」といいましたが、現在では1月1日から1月3日まで(三ヶ日)、または1月7日まで(松の内、あるいは松七日)を「正月」と呼ばれています。また、1月20日までを正月とすることもあり、1月20日を二十日正月(骨正月)と呼びます。

それでは、また。