Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

「お年玉」の「玉」って何?

ども、ゴン太です。

お正月で何が一番楽しかったかというと、やっぱりお年玉ですよね。大人になって、これほどおっくうなものはありませんが……。今回は、そんな子どもには人気の、大人には厳しい現実の「お年玉」のお話しです。

何気なく「はい、お年玉ね。」といって渡していますけれども、「お年玉」の「玉」ってどういう意味なのでしょうか?

「玉」という形から想像すると「お金」のことかな?と思ってしまいますがまったく違います。

日本では昔から年の始めにお餅や筆、紙などを贈りあう習慣がありました。それらの品々を「年の賜物(たまもの)」という意味をこめて、「年玉」と呼ぶようになりました。

現代社会では、ものからお金をもらうのが一般的ですが、もともとは心をこめた贈り物をする習慣だったのです。

次のお年玉は、現金ではなく、「心をこめた贈り物」にしてみてはいかがですか?子どもからブーイングが出ても責任は取れませんが……。

それでは、また。