Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

「神社」「大社」「神宮」は何が違う?

ども、ゴン太です。

今日から二日間、近所の神社で夏祭りがあり盆踊りがあります。これから秋にかけてお祭りがたくさんありますね。ちなみに我が家は初詣は、これまた近くの大社に行ってます。数年に一度、伊勢神宮にも行きます。

ところで、「神社」や「大社」それに「神宮」とありますが、これらの違いって何なのでしょうか?

これからは、昔、神社が格付けされていたころの、名残りとして残っているのです。

平安時代の延喜式神名帳という記録で、朝廷がお供えを渡す神が記されており、神宮は伊勢・香取・鹿島だけです。これらの神宮は天皇家や大和朝廷東征に関係の深い神社なのです。高天原の神で天神(アマツガミ)とも呼ばれています。

他の高天原系の神や、地祇(高天原以外の神/クニツガミ)の中で、古い神を祀る神社や各地の代表的な神社を大社と格付けられています。

明治以後、神社は国家神道といって、神社庁という国の役所の管理下におかれました。官幣/国幣(国からお供え/知事からお供え)の別があり、大社・中社が指定されました。天皇が祭神の神社などが新しく作り神宮がふえていきました。(明治・橿原・平安・北海道などです。)

現在は政教分離となったため、名を名乗るのは一応自由となっていますが、前述のよいうな歴史的経緯を踏まえて、神宮・宮・大社を各神社で名乗っています。

それぞれの神社には歴史があります。家の近くの神社の歴史を勉強するのも、これまた面白いかもしれませんね。

それはでまた。