Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

ペットボトルの底はなぜへこんでる?

ども、ゴン太です。

量が多そうだな、と思って買ってみたら容器が底上げされていて、意外と量が少なくてがっかりした経験は、誰でもあるのではないでしょうか。

ペットボトルも底がへこんでいます。これも容器を大きくして分量を多く見せるための工夫なのでしょうか?

そんなセコイ理由ではなくてちゃんとした理由があります。炭酸飲料や清涼飲料などは温度変化によって内部の圧力が変化します。普通の丸い筒だと内圧が上昇した時に容器が膨れてしまい、破裂してしまう危険があります。

ペットボトルの底にへこみ(凹み)を設ける事によって圧力変化の逃げ場所を作っているのです。このへこみのおかげで容器の変形や破裂・爆発を防止してくれています。

夏の暑い日に自動車にペットボトルを置いてて、膨張していた!という経験があるかたもあるのではないでしょうか。これがもしへこみがなかったら爆発していたかもしれませんね。恐ろしい、恐ろしい。

それでは、また。