Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

「七夕」ってなんで「たなばた」?

ども、ゴン太です。

もう8月になったというのに7月の話題。なんとも私らしいですね。えへへ。今年の七夕は短冊になんて書きましたか?娘は「大きくなったらプリキュアになりたい」。かわいいな。息子は「大きくなったらピザ屋さんになりたい」……複雑な気分!

去年は「大きくなったらパン屋さんになりたい」だったから、食べ物屋さんをしたいのかもしれませんね。でもこの小麦粉が高騰している昨今になにも直撃している食べ物屋さんをしなくても!って思うのは余計なお世話かな?……話しはそれましたが、今回は七夕のお話しです。

7月7日と言えば七夕(たなばた)。五節句の一つで、天の川の両岸にある牽牛星と織女星とが年に一度相会するという、7月7日夜、星を祭る年中行事です。

ではこの七夕ってなぜ「七夕」と書いたり「たなばた」と読むのでしょうか?

たなばたは、正確には「棚機」と書きます。棚すなわち横板のついた織機なので織姫さんの使ってる道具という事です。中国伝来の乞巧奠(きこうでん)の風習とわが国の神を待つ「たなばたつめ」の信仰とが習合したものでは、と言われています。

奈良時代から行われ、江戸時代には民間にも広がりました。庭前に供物をし、葉竹を立て、五色の短冊に歌や字を書いて飾りつけ、書道や裁縫の上達を祈る。七と七が合わせる夕べなので「七夕」とも記した、とも言われています。

何はともあれ、ロマンチックな話しですね。ではまた。