Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

なぜ6月に結婚すると幸せになると言われてる?

ども、ゴン太です。

私はあまり気にしない方なのですが、暦を気にしてものごとの日程を決めることって結構あるのではないでしょうか。結婚式なんかはその典型、一生に一回(のはず)の晴れの舞台ですもんね。今回は結婚についてのお話しです。

よく言われるのが、「6月に結婚すると、幸せになれる。」という言葉。いわゆる「ジューンブライド(6月の花嫁)」ですが、ではなぜ、「6月」なのでしょうか。6月って雨の日が多いし何もそんな時にしなくてもと思ったりもしますが。

その理由はこうです。英語で6月はジューン(June)。これは、ギリシャ神話の主神ゼウスのお妃のヘラ(ローマ名は、ユノJuno)という女神の名前に由来しています。ヘラは女神の最高位にあり、結婚・出産を司る家庭・女性・子ども
の守護神とされています。

つまりヘラが守り神である6月に結婚すると、花嫁はヘラの加護を受けて生涯幸せな結婚生活ができるといわれています。ジューンブライドにあこがれる女性が多いのはこんなロマンチックなお話しがあるからかもしれませんね。

それでは、また。