Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

「末広がり」とは?

どうも、ゴン太です。今日も暑くなりそうです。

さて今日は2008年8月8日。何の日でしょうか?そう、6mgの豆知識がオープンした日です!(って冗談です!)

今日は、4年に1度の夏の祭典、オリンピックが中国・北京で開催されます。オリンピック期間中、世界中の人々が中国・北京に注目するのでしょうね。私もワクワク楽しみにしています。

さて、今年の8月8日って2008年なので「8」が3つならんでいてとても縁起がいいと言われています。それはなぜでしょうか?今回はこのお話しをしたいと思います。

8は漢字で書くと「八」、「末広がり」と言われて日本や中国では縁起がいい、幸運の数とされています。

特に古代日本においては、8 は聖数とされていたようです。また、漠然と数が大きいことを示すのにも使われているのは興味深いところですね。(例:八島、八雲、八咫鏡、八重桜)同様に、八を用いた八十(やそ)、百八十(ももやそ)、八百万(やおよろず)なども「数が大きい」という意味で用いられています。

このことに関連して8という数字は自動車のナンバープレートでも人気があるのも有名な話で、希望番号制で、「・・・8」は抽選対象番号になっています。

また、「末広がり」は漢字の「八」を指すもので数字の「8」は本来関係のないものとも言われています。

どちらにせよ、欧米では「ラッキー7」などと言われますが、漢字を使う国では「八」が縁起がいいもの、と考えられているようです。

「6mgの豆知識」はそんな縁起のいい数字が3つも並んだ日にスタートしたことになります。長く細く続けられるようにがんばりたいと思います!

それではまた。

関連ブログ