Twitterで最新情報の発信をはじめました。フォローよろしくお願いします!

なぜ救急車は白で、消防車は赤なの?

ども、ゴン太です。

車の運転をしていると、遠くからサイレンの音が。道路を開けて、救急車両に道を譲ったときってなぜか「いいことをした」気持ちになって、気分がよくなりますよね。不思議とあの瞬間、周りのドライバーと意思疎通が図れてしまうところも面白いです。今回は救急車両のお話しです。

救急車の色は白色で、消防車は赤色です。

何を当たり前のことを?ではなぜその色なのでしょうか?そう聞かれるとよく考えた事もないですよね。

形式的なお話しをすると、「道路運送車両の保安基準」で「緊急自動車の車体の塗色は消防自動車は朱色(一般的にいう赤色)とし、その他の緊急自動車にあっては白色とする。」と決めらているから、という事になります。

え~?それは無いだろ~?って?その通りですね。

そもそも日本で最初の消防車は外国から輸入されたもので、たまたま赤色であったということと、赤色は注意を引く色であること、炎を連想させ警火心を呼び起こすことから、消防自動車は赤色が定番となったようです。

一方の救急車は、「その他の緊急自動車」に分類されますから白色になりますが、実は側面に赤色の線が入っています。これは、東京消防庁が昭和11年に救急業務を開始するときに寄贈を受けた救急車6台に入れられたのが始まりです。ではその理由ですが、東京では日本赤十字社が白塗りの救急車で救急業務を行っていたためこれと区別するためとする説と、消防が行うものであるから消防車の赤を取り入れたという説があります。

私たちの身の安全を守ってくれる、救急車と消防車。色にもちゃんと意味や歴史があったのですね。

それではまた。